失業給付の基本手当

くまのお役立ちブログ

くまが見つけた何気ない日常のお役立ち情報満載の"ひみつきち"です。お役にたてれば幸いです♪

*

赤ちゃんのミルク用にはどんな水が良いの?天然水は使ってもOK?

   

子育て中のお母さんは何かと気苦労が多くて大変です。
毎日の授乳タイムは子育て中の最も苦労するところかもしれませんね。

母乳オンリーであれば粉ミルクの心配はいりませんが、混合が一般的な現代では
ミルク用のお水も悩みの種です。

スポンサーリンク

赤ちゃんのミルク用に適した水は?

一昔前であれば、赤ちゃんのミルクは水道水を沸騰させてから冷ましたお湯で作ることが普通でしたが、最近では水道水の汚染?の問題もあって、普段の生活でも水道水をそのまま使うことは減ってきました。

東京都などはおいしい水と謳っていますが、それでも水道水をそのまま赤ちゃんのミルクに使うのは不安です。

あまり神経質になりすぎると、何も信じられなくなってしまいますのでほどほどに注意したいなぁとは思いますけど・・

水道水を使わないとなると、残るのはスーパーなどで買うお水かまたはウォーターサーバーを設置するか、浄水器や精製機などを設置することになると思います。

本格的な浄水器や水精製機などは高額ということもあって、気楽に導入できるものではありませんよね。

ですので、我が家では最初はスーパーで市販のお水を買っていましたが、それはすぐにやめて、その代わりにウォーターサーバーを設置して赤ちゃん用のお水として使いました。

そのおかげで、水サーバー設置後は画期的に授乳タイムが楽になりました。

ミネラルウォーターなら軟水を選ぶ

赤ちゃんは大人と違って、胃腸の発達が未熟です。ですので、大人にとって必要で嬉しいミネラル成分も、赤ちゃんの腸にとっては大きな負担をかけてしまいます。下痢をしたり、嘔吐しやすくなったりしてとても可愛そうなのでミネラル成分の多い、いわゆる硬水は赤ちゃん用には使ってはいけません。

特にマグネシウムやカルシウムを多く含む外国製のミネラルウォーターは避けた方が良いです。

そもそも粉ミルクには赤ちゃんに必要なミネラル成分があらかじめ含まれていますので、ミルク用の水にもミネラルが含まれていると、余計なミネラルを与えることになってしまいます。

ですので、赤ちゃんのミルク用に用意するお水は、純水(ピュアウォーター)か、あまりミネラル成分を含まない水(=軟水)を選ぶと良いです。


スポンサーリンク

ウォーターサーバーを利用するととても便利

子育て中のお買い物は何かと大きくなったり多くなりがちですよね。そこに水が加わると更に大変で考えたくも無いです。
私が市販の水を使うのを早々に諦めたのはこれが原因です。

水は重たいですので、女性の方が赤ちゃんを抱っこしてさらにお水を持つというのはかなり無理があります。

そんな訳で我が家では水の配達をしてくれるウォーターサーバーを使うことにしました。

ウォーターサーバーであれば、定期的に水を届けてくれる仕組みになっているので、お買い物時の煩わしい!、が無くなるというのが導入の一番の理由でした。

ちなみに、機種を選ぶときに参考にしたのが、ひよこクラブのアンケートです。

で、選んだのがコレです。

コスモウォーター

このサーバー、嬉しいことに、水タンクが密閉式で下置き型なので交換が楽だし、外気が水タンクに入らない仕組みなんです。
水も3種類程から選べて、「古都の天然水」というのが超軟水で赤ちゃんのミルク用にも使える水です。
温水は80度くらいまでのお湯なので、そのままミルク用に使えるのが良いですねぇ。

ウォーターサーバーを使ってみて思ったことは、ミルクの準備がすごく楽で早いということでした。

HOT側を使えばミルクにほぼ適温のお湯が出るのでそのままミルクを作って少し冷ませば済むというのは
沸騰させて、冷ましてっていう頃に比べると画期的に楽でした。

まとめ

本来は煮沸したお湯で殺菌まで含めて調乳するのが正しいのだとは思いますが、毎日毎日ストレスで死にそうな時期ですので、できるところは手抜きをしても良いと思います。

殺菌はミルトンで、ミルク用のお湯はウォーターサーバーでも私は良いと思います。

ウォーターサーバーを選ぶときのポイントは

HOTがあること
タンク内に外気が入らないタイプのもの
できれば下置き型タンクのもの
水が数種類から選べるもの

です。

お値段も意外とリーズナブルですよ♪

スポンサーリンク

 - 子育て ,