失業給付の基本手当

くまのお役立ちブログ

くまが見つけた何気ない日常のお役立ち情報満載の"ひみつきち"です。お役にたてれば幸いです♪

*

豆腐を食べよう!美容と健康に効果が高い栄養満点、機能食品です。

   

温暖化だ暖冬だといわれますが、やっぱりこの季節は寒いもの。寒い季節はアツアツの鍋をみんなで囲んで食べるのが楽しいのです。そんな冬にぴったりでダイエットにも栄養バランス的にも最高なのが湯豆腐です。豆腐を知って美容と健康、そして長寿を目指しましょう。

スポンサーリンク

豆腐はやっぱり湯豆腐が一番

湯豆腐は京都が有名ですが、そうはいっても地元でもない私にとってはちょいちょいいける距離ではないのでお店で湯豆腐を食べるっていうのはなかなかできません。それに鍋は家族で囲むほうがなんだか楽しい気分に浸れます。お店で食べる鍋もいいのですが、鍋はそれぞれのご家庭で食べるのがいい感じ。

湯豆腐は私にとってはいつでも食べられるさっぱり系の鍋の一つです。それになにしろ作るのが簡単でヘルシーだし、意外とバリエーションも豊かにできるので、この季節、我が家では湯豆腐ラブなのです。

私にとっての一番の湯豆腐の食べ方は、お湯に出汁用の昆布を入れて白ひげネギと白菜をいれた鍋に絹ごし豆腐をいれるだけ。くつくつと煮て、火が通ったものからポン酢で食べるのが一番シンプルでおいしいと思います。

ヘルシーで人気も高い食材のお豆腐

お豆腐は大豆から作られるのはご存じのとおりだと思います。大豆は言わずもがなの完全食!(独断と偏見では完全食です)というのもお豆腐はなにしろ安い!もちろんやす過ぎの豆腐は味もそこそこですし、何よりお豆腐のつるんとした食感が損なわれてしまうと残念なので、やっこや湯豆腐など、お豆腐がメインになる料理の場合、ちょっと良いお豆腐をチョイスします。ちょっと良いお豆腐といっても何百円もするわけでもなく、せいぜい高くても200円くらい?

そしてお豆腐料理は意外とバリエーションも豊富で、みんなが愛用するクックパッドでは7万点以上のレシピが登録されているほど!

お豆腐は昔から日本で食べられていて、安くて調理も簡単、おかずにもなるし、お肉の代わりにメインにすることもできてついでに火が通っているので調理がとても楽。そのまま食べてもいいし、加熱しても、いろんな食材に混ぜてもよしで、おまけにおいしいしヘルシーフードだしと、いいことづくめなのです。

冷奴が苦手な人でも火を通した湯豆腐だったらたくさん食べられたりと、調理方法で苦手意識を取り除けたりします。

お子様の成長期にも最適な栄養バランスなのですが、お豆腐がきらいっていうお子様は意外と多かったりするのは残念です。お母様やお父様、お豆腐はおいしいって教えてあげてくださいね♪


スポンサーリンク

お豆腐は栄養満点

古くから伝わる豆腐は発祥は中国といわれています。起源は前漢の時代(紀元前2世紀)までさかのぼるといわれているほど!唐の時代には盛んに作られていたという記録が残っていることから、西暦600年ころにはすでに相当広まっていたと言われています。

日本へは、奈良時代の遣唐使によって伝えられたとされています。伝来当初は僧たちの間で精進料理として食されていたようです。

多くの文化がそうであるように、豆腐が世に広く広まったのは江戸時代のことでした。このころまでは比較的狭い範囲だけで食べられていた豆腐は天明2年に書かれた「豆腐百珍」という本によって広く庶民の間に広がりました。「豆腐百珍」は料理本の先駆けで、当時は大変人気があった料理本の一つです。この本のおかげもあって、豆腐は日本全国津々浦々まで広がり、今にいたるまで広く愛される食材となっています。

栄養的にも原料が大豆ということもあって、とてもバランスよくヘルシーな食材として認識されており、その製造方法も相まって、無駄なく豆腐の栄養が活かされています。

豆腐の栄養は、大豆のそれとほぼ同じで、絹ごし豆腐で

100gあたり55キロカロリー
脂質3g
飽和脂肪酸0.5g
多価不飽和脂肪酸1.5g
一価不飽和脂肪酸0.6g
ナトリウム7mg
カリウム150mg
炭水化物2g
水溶性食物繊維0.1g
不溶性食物繊維0.2g
タンパク質4.9g
カルシウム43mg
鉄分0.8mg
ビタミンB0.1mg
マグネシウム44mg

となっていて

このほかにサポニン、レシチン、リノール酸、イソフラボノイド、トリプシンインヒピタ、オリゴ糖、
おからにはこのほかにさらに食物繊維、ビタミン類などが含まれるという、けっこうすさまじい栄養価です。

さらにすごいのが、豆腐の消化吸収率は90%以上、つまり体にとって不要な成分がほとんどないという素晴らしい機能をもった食材なのです。

毎日食べたい、食べてほしい食材です。ほんとに豆腐は優れものですね。

朝ごはんのお味噌汁に豆腐と、納豆、シャケの塩焼きとごはんに海苔と浅漬けで、ほかは何もなくても栄養バランスもカロリーも十分!

まとめ

大豆の栄養はとても素晴らしく、人間、豆だけ食べていれば死にはしないといわれるほど高い栄養価の豆類の中でも、もっとも親しみのあるおまめです。毎日食べても飽きないほどの多くのレシピと、古くからある安心して食べられる食材の一つである豆腐は、健康食、美容食、長寿食として、世界でも注目される食材です。

スポンサーリンク

 - 健康食, 旬のグルメ, 湯豆腐, 美容と健康 ,