失業給付の基本手当

くまのお役立ちブログ

くまが見つけた何気ない日常のお役立ち情報満載の"ひみつきち"です。お役にたてれば幸いです♪

*

お肉を安心して食べたいので大地を守る会のお試しセットを頼んでみた。

      2018/05/29

ここのところ知り合いやネットの情報から食品添加物の現状がひどいらしいので、野菜やお肉は通販で購入しているのですが、今回は新しく大地を守る会のお試しセットを頼んでみることにした。

スポンサーリンク

まずはお試しを注文してみる

食材通信宅配

ここからスタートです。

配達日や配達時間帯の指定ができるようです。
お値段はスーパーに比べれば高いですけど、扱っている野菜の約9割が有機栽培、無農薬、残りの約10%もできる限り自然由来のものを最低限使用するにとどめています。
大地を守る会はおいしさはもちろんですが、何より安全な食を目指している会社です。口コミの評判ではお値段は少々高いけれども新鮮でとてもおいしい野菜だという評判です。
野菜の直販所で購入する野菜もスーパーで買うのに比べれば日持ちしますが、大地を守る会をはじめの直送通販野菜は収穫から発送までの期間が1~2日ととても短い(一般の流通では1週間かかることも)のでその分新鮮な状態で届きます、しかもほとんど無農薬なので子供たちにも安心して食べてもらえますね。

ここの通販を試そうと思ったのは、お値段はまあ、少々お高いですが、農産物の通販会社の中で歴史?も古く40年も前から取り組んでいることと、使用する農薬の基準が一番厳しいという点です。無農薬農業はとっても手間がかかるのですが、最近では電子機器や破られにくい網の新素材を利用したフェンスなどの工夫をしているようです。
それと単品から注文できるというのも魅力のひとつですね、送料考えるとある程度まとめて注文した方がよいですね。

お試しセットが到着したら大地を守る会のお試しセットの感想を書きますね。

安いお肉やお野菜は魅力的だけど・・・

最近スーパーでも無添加食品が増えてきて、みなさんの意識が少しずつ食の安全に向いているのかな?なんて思うんですが、無添加の落とし穴というか、表示義務のからくりを知るとやっぱり安心できないと思うのは疑いすぎなのでしょうか?

安部司さんという方の講演を聞いたあとではそれも無理もないかなと思うのですけど、食の安全っていったいなんでしょうね?
こちらのサイトからお勉強できますのでご興味があれば一度ご覧になってください。

食と健康の闇

成長期を過ぎてしまった私たち大人はまだしも、これから長い一生を過ごすこどもにたべさせたくないものばかりです。
うちではもともとカップラーメンやファストフードは食べさせないようにしていたのですが、それだけでは全く安心できないなんてちょっとショックでした。

100g67円の鶏肉を喜々として食べていた過去の自分にこれを見せてあげたいですね。
今まで知らずになんとなく体の不調も疲れやすいのも年のせいにしてみたりしていたのですが、食事に気を付けるようになってから少しずつですが体調がよくなってきました。特に足のむくみが減ってきた気がしますし、疲れにくくなってきたように思います。食べ物ひとつ、食べ方ひとつで生活は大きく変わる可能性があります。

スポンサーリンク

砂糖はいらない!?

栄養的なお話をすれば、お砂糖って実はほとんど必要ないんですよね。もちろん糖分は体に必要な栄養素なんですが、甘味を出すための砂糖はほとんど必要なくて、必要な糖分は野菜やお米などから十分に得られるんですね。

そういえば昭和の初めのころまで日本の食卓にはほとんどお砂糖を使った料理なんてなかったわけで、だからといってそれで栄養失調になったりはしていません。絶対的な食量の不足が原因で栄養失調が多数見られた時代もありましたが、それでも80年代90年代は日本人は長寿世界一を争う国であったわけです。

現代ではお砂糖に変わってアスパルテームやサッカリン、アセスルファムKなど人工甘味料が当たり前になっています。これらの物質が世界の多くの国で禁止されていても日本では「直ちに健康に影響が~」と言われて使用を許可されています。実際これらが世に出てからまだ20年も経っていないのでどんな影響があるかは実際のデータとしては不明です、ですので今後の症例をみていくしかないのですが・・・。

世界の多くで使わずに日本ではバンバン使われているというのは、別の言い方をすれば日本人をモルモットにして影響がでるかを世界が見ていると言ってもいいのではないでしょうか?

良いか悪いかわからないから使う、ではなくていいか悪いかわからないから使わない、というのが食に対する姿勢としては私は良いと思うのです。自分や自分の子供で実験をしたいとは思いませんので。

もちろんいろんなご意見があって、全然気にしないよという人もいるでしょうし、そういう人の考え方を否定はしません。私はいやだというだけです。

食の安全は自分次第

食品添加物がすべて悪しきものではないと思います、石油由来の着色料を食べたい、食べさせたい、食べてもいいと思う人はそれでいいと思います。後世になって大丈夫だと分かってから摂り始めるでもいいし、それでも安心できないと疑ってもいいし、それぞれの価値観で良いと思います。

ただ、その価値基準はできるだけ自分で決めたいし、国や役人が大丈夫と言っても信用できないものは信用したくはありませんし、カロリーハーフ=健康的であるといったような判断をしたいとは思いません。マヨネーズやマーガリン(マーガリンは飽和脂肪酸の塊で正直少量でも避けたいです。)は製造過程を見ると製造方法に規制のほとんどかからない日本製は避けたいです。トランス脂肪酸のすべてが悪いとは言いませんが、製造過程での規制が無い国のものはやっぱり怖いと思うのです。あくまで私個人の感想であると同時に大企業病にかかっている会社のものはちょっと信用できないなっていう猜疑心から来ているのでご賛同できない方もたくさんいらっしゃると理解しています。

安い、便利、簡単、まぜるだけでおいしいなどの魅力的なキーワードには無条件では飛びつかないようにしています。

スポンサーリンク

 - 健康食, 旬のグルメ, 暮らし・生活, 美容と健康 , , ,