失業給付の基本手当

くまのお役立ちブログ

くまが見つけた何気ない日常のお役立ち情報満載の"ひみつきち"です。お役にたてれば幸いです♪

*

クリスマス!ケンタのチキンが意外と行ける!温めなおしと盛り付け。

   

2015年のクリスマスはイブ、クリスマスともに平日で、残念><

働く主婦のお母さんにとってはキツイ日程ですよね。

前日の23日にやってしまうのも手ですが、できればイブにやりたいものです。

手間がかからなくて豪華に見える、そんなママにはケンタッキーが心強い味方ですね♪

スポンサーリンク

クリスマスの定番料理ってどんなの?

クリスマスの定番料理といえば、我が家ではケンタッキー・フライド・チキンなんですよぉ

クリスマスっていうのはご存知の通り、キリスト教のお祭りで、
イエス・キリストの誕生を祝うという行事ですので、クリスチャンでは無い我が家では
特に宗教行事っていうわけではなくて、世間でお祭りのように賑やかな時期なので
一緒にのっかってお祭りにしてしまぇっていう感じでやってます^^

日常的に教会に通ったりしていれば、すんなり分かることでも
子どもたちには難しい話をしてもあまり理解できないだろうと思うので

キリストっていう神様の子どもが生まれた日なんだよって教えています。

もう少し大きくなったらきちんと教えようかなとおもってます^^;

ところで、クリスマスの本番では、この日にどんな料理でお祝いをしているのでしょう?

アメリカの場合、七面鳥(ターキー)を食べるというイメージがあると思いますが、
これは映画「クリスマスキャロル」で描かれていたから。

実際にアメリカでターキーを食べるのはサンクスギビングデーの方が多いのです。

アメリカのクリスマスディナーはターキーよりも、ハムやローストビーフなどの方が
多いようです。

とはいえ、まったく食べないかというとそんなことはなくて、
実家では、毎年アメリカの友人からスモークドターキーを贈ってもらえるので
クリスマス・イブには実家に行ってターキーを食べています。

他には、チキンのお腹に野菜をたっぷり詰めて丸焼きにしたりしているそうです。

ドイツではガチョウを食べるのが一般的ですが、日本ではあまりガチョウは見ませんね。

そんなこんなでいろいろ調べると、けっこうクリスマスの本場であるアメリカやヨーロッパでも
決まった料理っていうよりは、その時期に採れる食材を食べているというのが正しいようです。

定番という意味で、クリスマスならではといえば、ブッシュ・ド・ノエルやジンジャークッキーですね。
christmas_bush_de_noel
もともとが食料の不足しがちな冬場ですので、保存食の中でも痛みやすいものを
ダメになる前にたっぷり食べて冬を乗り越える体力をつけようという意味もあったようです。

そんなことを踏まえて、我が家では実家に行かないときはお手軽に手に入って
家族みんなが大好きなケンタッキー・フライド・チキンを予約して買っています。

ケンタッキー・フライド・チキンで満足!

実はケンタッキーのクリスマスのパーティーバーレルって毎年10月20日過ぎに予約を開始しているって
知ってました?

予約期間はけっこう長くて、店舗によって多少の違いはありますが、12月の20日頃までできるので
そんなに焦らなくても大丈夫。

ただ、後半は予約分は売り切れ、なんてこともあるので、予約だけは早めにしておいたほうがいいかもしれませんね^^

クリスマスのケンタッキーは毎年「クリスマスキャンペーン」を開催しています。

キャンペーンの期間は毎年だいたいですが、12月20日頃から12月25日くらいの間で5日間か6日間ですね。

クリスマスキャンペーンのメニューは毎年変わりますが、だいたいは

「パーティーバーレル」が定番で
「クリスマスパック」や「ローストチキン」などですね。

毎年変わるので早めにチェックしてみてもいいかも^^

そして嬉しいことに、早期予約割引やクーポン券やポンタカードのポイントアップなどの
特典なんていうものもあります。

数量限定なので、クリスマスにケンタッキーの予定があるご家庭は、早めの予約がおすすめですよ。

クリスマスの1周間前とかだと、売り切れなことも・・

ちなみに昨年2014年のお値段は

「パーティーバーレル」4090円(早期割3990円)です。

「五穀味鶏プレミアムローストチキン」5760円、完全予約制です。
これは、もはや定番と言ってもいいかも?クリスマス限定でご家庭ではちょっと作れない味ですね。
パルメザンチーズとキノコを詰めてこんがり焼き上げたチキンは子どもたちに大人気です。
付属のグレービーソースで食べるとなんだか嬉しくなりますね^^

本場のターキーに負けない美味しさで、ほくほくと幸せ気分にひたれますよ~。


スポンサーリンク

チキンの温めなおしと盛り付け例

購入してから時間が経つと、せっかくのお肉が冷めてしまってがっかり。

せっかくだから温かい料理を食べたいですよね。

公式ページにも温め方が載せてありますが、設備が整っていないとあまりうまく行きません。
(何度も失敗してます><)

電子レンジだと油で衣がべったりして残念なことになるし、小さいオーブンだと中まで暖まらないとか・・

オリジナルチキンならば、魚焼きグリルがおすすめです。但し、魚焼きグリルだと中まであたたまる前に
衣がこげこげになりますので、公式ページの温め方を参考にして、電子レンジ+魚焼きグリルを使います。

1.まずは、電子レンジでラップなどせずにそのまま1個あたり500Wで40秒ほど
(大きさに合わせて調整してください、元々火が通っているのでほどほどでよいかと)
2.衣がべたっとなるので、そのまま魚焼きグリルで温めます。
3.様子を見ながら、皮がパリッとしたらOKです。

ローストチキンの場合は魚焼きグリルに入らないのでどうしてもオーブンが必要になります。

1.メニューが選択できるときはメニューでお任せ^^
2.電子レンジで2分ほど温めてから、オーブンに切り替えます。
3.一旦オーブンを開けて、アルミホイルで包み180~200℃で8分ほど暖めるとパリッとします。
4.お好みで、ローズマリーなどのハーブを一緒に入れて加熱すると良い香りが付きます。

盛り付け
Fotolia_78238889_XS
オリジナルチキンは、サラダ菜やレタスをふんわりお皿に盛って
その上に並べるだけで豪華になります。

カットレモンやパセリなども彩りになりますね^^

Fotolia_87491876_XS
ローストチキンはチキンより二回りほど大きなお皿にレタスを敷き詰めて乗せ
付けあえの野菜をぐるりと一周置いてあげると豪華になります。

付けあえは、一緒に焼いたローズマリーやオーブンで焼いたトマト、
ブロッコリー、バターローストした人参やマッシュルームなどお好みで数種類。

チキンレッグの場合、持ち手にアルミホイルをしっかり巻きつけて、根本にリボンを
つけるとクリスマス気分がアップします^ー^

まとめ

食べ残したチキンは冷蔵庫で保存しておいて温めなおせばまたおいしく食べられます。

また、残った身をほぐしてスープに入れるなどすると、中々出汁の効いたブイヨン?になりますよ。

うちの実家では残ったチキンをほぐして炊き込みご飯にします、昭和の母は何でもありです^^;

スポンサーリンク

 - クリスマス, 季節のイベント, 旬のグルメ