失業給付の基本手当

くまのお役立ちブログ

くまが見つけた何気ない日常のお役立ち情報満載の"ひみつきち"です。お役にたてれば幸いです♪

*

三十路の妻へクリスマスプレゼントを贈って喜ばれたい旦那さまへ

   

毎年恒例のクリスマスプレゼント、何をあげたら喜ぶかなぁなんて悩みだすと意外とドツボにハマるのが、奥様へのプレゼント。

30代の妻へ贈るプレゼントをあれやこれやと悩むのも楽しいですが、三十路の女性は旦那さんから何をもらったら喜ぶのでしょう?

せっかく選んだのに喜んでもらえないと寂しいですよね。そこで、小さな子どももいて毎日忙しくしている妻へ旦那さんから贈るプレゼントについてまとめてみました。

同じ悩みを持つ旦那様の参考になったら嬉しいです♪

スポンサーリンク

30代の奥さんは何をもらうと喜ぶ?

独身時代から今も変わらず、アクセサリーはもらうと嬉しいみたいです。

30代といえばまだまだ女性としておしゃれを楽しみながらも子どもっぽいアクセサリーはそろそろ控えようかなというところ。

ちょっとおめかしして出かけるときに胸元を飾るブローチなんかもいいかもしれません。
10代や20代のころにはちょっと手がでなかったカメオのブローチは大人の雰囲気をさりげなく引き立ててくれるアイテムです。

とはいえ、アクセサリーは好みがあるものです。

独身時代であれば彼氏が一生懸命選んでくれたというだけで喜んでもらえるものでも、結婚して夫婦となった今では、好みのアクセサリーくらい覚えてよねっなんてことになりかねません。

そこで、忙しい子育てから、少し開放してあげつつ独身時代のようなデート感覚でショッピングに出かけるのも良いですね。

ポイントは、お子様はおじいちゃんおばあちゃんの家に預けて置くというところです。

少しの間、子どもから離れて、夫婦でデートしながらアクセサリーを選んで歩くのも楽しいし、その場で選んでもらえるので好みの問題も解消です。

二人のデートタイムと、ひとときの独身気分も併せてプレゼントできるのでとってもおススメですよ♪

奥様へのいたわりの気持ちをプレゼント

小さなお子さんがいるご家庭では育児の苦労もけっこうなもの。旦那さんは外で働いている場合が多いので、話の通じない子どもを相手にするようなストレスは日中は感じないし、息抜きだってある程度は自分の時間でできるものですが、家事と育児をこなす奥さんには実は休日はありません。もっと言うと、一人でボーッとする時間すらほとんどありません。世の中の旦那さんが思うよりはずっと忙しくストレスフルな生活を送っています。

たまには息抜きだってしたいものです。

奥さまへいたわりの気持ちを持つ。そんな気遣いだけでも喜んでもらえるものですが、できればしっかりと形にして渡したいものです。

ですので、奥さまに休日をプレゼントする、というのも良いアイデアです。

できればしっかりリラックスできるようにエステサロンのチケットを贈るなんていうのもありですよ♪

「子どもの面倒はオレが見てるから、コレ使って1日リラックスしておいで」なんて言われたらジーンときちゃいますよね。ついでにショッピングも心置きなく楽しめるように商品券などのお小遣いを一緒に渡すのもいいアイデアですね。

女性はいくつになってもお買い物が大好きです。ストレス解消にもなるのでゆっくりショッピングタイムもプレゼントしてあげてください。


スポンサーリンク

やっぱり定番の美容機器

子育てに忙しい奥様は、ついつい自分に使う時間を削りがち、お化粧もそこそこでお肌のケアもおろそかになりがちです。

30代といえばお肌への不安がつのる年頃です、10代や20代の頃のように何もしなくてもつややかな肌というワケではないのですよ。

忙しくてついついサボりがちなこの時代にお肌へのダメージは蓄積していくものです。奥様にはいつまでもキレイで若々しく居てもらいたいですよね?

短い時間でお肌ケアのできるお手軽なもの、例えばプロ―ジョン 炭酸ミストハンディなんてどこでも持ち歩けて簡単なのでけっこう喜ばれますよ。

まとめ

普段一緒に暮らしていると、中々伝えられない想いがあると思います。

プレゼントを渡すときに、一言添えて上げると普段伝えきれない気持ちを伝えることができます。

感謝の気持ちや愛しているという気持ちを伝えるのは照れくさいものですが、気持ちのこもった言葉を綴ったカードに書いて贈ればそれは一生の宝物になると思います。

どんなものを贈ったとしても、それが愛する旦那さんからの贈り物であれば表面はともかく、内心では喜んでくれるはずです。照れくさいかもしれないけれども、初めて声をかけたあの日あの頃を思い出して、優しい関係を大切にしてくださいね♪

それと、あまり高価なものは家計を圧迫するので困る事があります、自分のためのプレゼントとはいえ、同時に家計を預かる身でもあります。あまり高価すぎるものを贈ると心配事が増えてしまうので、お値段はホドホドでお願いしますね^^

スポンサーリンク

 - クリスマス, 季節のイベント