失業給付の基本手当

くまのお役立ちブログ

くまが見つけた何気ない日常のお役立ち情報満載の"ひみつきち"です。お役にたてれば幸いです♪

*

冬だ、雪だ、お祭りだー。というわけであえて寒いお祭りに行こう。

      2015/12/05

寒い季節はこたつに入って、みかんを食べながらテレビを見て過ごす、なんてもったいないのでしょう。雪の季節のお祭りは夏や秋のお祭りと違った神秘的な美しさに心を打たれるものが多いのです。家にこもって過ごすよりも家族みんなででかけてみたいお祭りがたくさん。

スポンサーリンク

さっぽろ雪まつり

寒い季節のお祭りといえば、もう超有名なこのお祭りは外せませんね。
近年では海外の方のご来訪も多くて、この季節は千歳空港は「え、ここ日本?」のような賑わいを見せます。

このお祭りの人気は何と言っても雪像です。多くの雪像製作グループが大小様々な雪像を製作します。2015年は全会場合わせて207基の雪像が訪れる人の目を楽しませてくれました。

2016年は2月5日から始まり、大通会場、すすきの会場は11日まで、つどーむ会場は18日まで開催されています。

テレビでよく放送される会場は大通会場で、雪像の数も最も多く毎年100基以上設営されます。毎年200万人を超える観客が来場しますので、この時期はホテルも予約で満杯です。個人で予約ができない場合はもしかしたら旅行会社の枠が残っているかもしれないので旅行会社に問い合わせをしてみても良いかもしれません。

北海道への旅行なら楽天トラベル

ところで、雪まつりといえば雪像ですが、それだけじゃありません。つどーむ会場では雪で作ったチューブを利用した長さ100mのすべり台があって大人気です。ジェットスキーでラフティングボートを引っ張るスノーラフトは雪原を疾走する爽快感を味わえます。

大通会場ではスケートリンクやジャンプ台なども用意され、6丁目辺りには屋台がたくさん並ぶ食の広場なども開催され、遊ぶ、見る、食べる、どれも楽しいお祭です。

すすきの会場では西4丁目線がライトアップされ、氷の彫刻や彫刻コンクール作品などが光にてらされて幻想的な雰囲気が楽しめます。

どの会場もそれぞれ魅力的ですので、朝から晩まで楽しみたいところですが、場所は札幌、季節は冬です。とても寒いです。

札幌の2月の平均気温は約-3度、0.1度~-6.6度となっています。日の出は6:50分頃で、日の入りは16:45分頃、平均して25日間雪やみぞれが降ります。この季節の東京の平均気温が5.7度なので舐めていると風邪を引きますよ。

特に、夕方にかけてどんどん冷え込みます。防寒対策はしっかりと。足元はゴム製の長靴で防水もしっかりですよ。

雪まつりの公式ページはこちらから

http://www.snowfes.com/

千歳・支笏湖氷濤まつり

支笏洞爺国立公園の中にある支笏湖(しこつこ)の湖水をスプリンクラーで撒き散らして自然の力で氷像を作る湖畔ならではのイベントです。夜はライトアップされてとても幻想的です。

開催期間は2016年1月29日~2月21日まで ライトアップは16:30~22時です。比較的遅くまでライトアップしているので助かりますね。

お祭りというよりは、地域の特性を活かしたイベントで、30基ほどの氷像を間を練り歩きながら長靴で滑るアイスリンクをたのしんだり、結婚式があったり、道産子乗馬体験、300発の花火を上げたりとフェステバルな雰囲気が楽しめます。温泉もあって体も暖められますよ♪

アクセスは札幌からくるまで40分ほど、JR千歳駅からバスで約44分、片道500円で利用できる送迎バスもあります。
詳しくは案内のPDF参照してください。
案内チラシ(PDF)

さっぽろ雪まつりの開催期間と一部かぶるので、2月にお出かけの際はさっぽろ雪まつりも楽しめますね♪毎年約23万人の来場がある冬のイベントです。

ちなみに支笏湖は寅さんの映画、「男はつらいよ翔んでる寅次郎」編の舞台にもなっています。

そうそう、支笏湖は札幌よりも更に冷えて例年の平均気温は-4.6度になります。防寒対策はきっちりと、スキーウェアがほしいくらいですね。


スポンサーリンク

阿寒湖氷上フェスティバルICE・愛す・阿寒「冬華美」

冬華美(ふゆはなび)の名の通り氷上で花火を打ち上げるイベントです。阿寒湖といえば温泉が楽しめる観光スポットですので、花火を見に行くというよりは、この季節に行くと花火も見られるという感じですね。

阿寒湖自体がみどころがたっぷりありますし、冬ならではのイベントもあります。

私が個人的にお勧めするのは、「白銀の阿寒湖 早朝散歩ツアー」です♪
朝6時半に出発という、ねぼすけさんにはハードなスケジュールですが、その分素敵な景色が見られます。朝焼けの雪原やフロストフロワー、ダイヤモンドダストなど、北国でしか見られないものばかりです。

参加には予約が必要ですので、あらかじめWebから予約をしておきましょう。

予約は、カレンダーから行きたい日付を選んで、ページ下部の予約申し込みフォームに記入します。若干わかりにくいフォームですが・・

予約フォーム
https://kam-kankouken.jp/reservation/?m=pc&a=page_product_details&id=115

幻想的な雪と氷の世界を楽しみましょう♪

まとめ

今回は北海道に限定した冬のイベントを紹介してみました。北海道にはこの他にも札幌にある北海道博物館や、札幌から1時間ほどのアイヌ民族博物館など、見どころたっぷりですので、ぜひ冬ならではの北海道を訪ねてみてくださいな^^

スポンサーリンク

 - お正月料理, イベント, 冬のお祭り, 季節のイベント