失業給付の基本手当

くまのお役立ちブログ

くまが見つけた何気ない日常のお役立ち情報満載の"ひみつきち"です。お役にたてれば幸いです♪

*

夜桜見ながらデート♪夜桜デートの服装選びで注意したいこと。

   

夜桜見ながらデートってとっても素敵な響きです。せっかくのデートだし春らしい服装を選びたいところですが、油断すると痛い目に会いますよ。この季節の夜はまだまだ寒いのでしっかり防寒対策しましょう。

スポンサーリンク

夜桜デートは意外と冷える

お花見のシーズンは日中は温かい日も多いですが、夜は意外と冷えるものです。それというのも東京の3月から4月にかけての平均気温は5~6度前後です。温かい日でも10度くらい。これは寒いです。せっかくだからって春らしい薄着ででかけると、あまりの寒さにすぐに退散ってことになりかねません。

動き回っていればまだしもですが、ベンチなどに座ってロマンチックな雰囲気を~なんて言っているとお尻から冷えてそれどころじゃなくなったり・・あとは公園などの湿度の高いところでは底冷えもあなどれませんね。

せっかくきれいな夜桜を見にいったのに、思い出は寒かった記憶だけ!おまけに翌日は風邪(ーー;)、、なんてことにならないように!!

夜桜デートの服装選び、防寒対策

まずは、お出かけ前に天気予報で気温をチェックしましょう。夜桜はおおかた日が落ちてからの時間帯なので、その日の最低気温あたりを目安に服装を選ぶといいです。

基本的には足腰を冷やさないように心がけます。足元はブーツに靴用のカイロを持っていくと安心です。またストレッチ素材のレギンスは冷え症の方にもおすすめ!脚のラインもすっきり魅せてくれます。ワンピに合わせてもマッチしやすいので寒さ対策とおしゃれの両立がねらえます。

また腰まですっぽり隠れるロングたけのコートかジャケットを着ていけばベンチやシートに座ったときなどの腰の冷えから守ってくれます。まさか座布団もちあるくわけにもいきませんし、、夜にシートの上に座るとけっこう冷えが上ってきてきついです。ベンチでもじわっとした冷たさが伝わってきて、腰が冷えるといろいろ大変ですよね。

上半身はヒートテックのインナー1枚プラスしておけば着ぶくれないでもけっこう防寒になります。あとはストールかマフラーで首元から逃げる体温を防ぐようにします。


スポンサーリンク

夜桜デートのコーデは明るめに?

夜桜だから、暗いものと油断していると、意外と明るいのがいまどきの夜桜です。だいたいどこの見どころスポットでもライトアップやら屋台やらで思った以上に明るいものです。どうせ暗いからと思い込んでいると思わぬ失敗コーデになるかも!?

寒いなら寒いで対策のしようもあるけれど、中途半端な時が困りものですよね。暖かいか寒いかわからないときは薄手のニットが便利かも?白かベージュのニットならライトアップの中でもきれいに見えるし、ふんわりさっくりとした安心感のある可愛さが魅力ですね。

逆に夜だからこそのダーク系でまとめるのもありです。ボルドー色のハーフコートに首元すっぽりのストールで防寒対策もばっちり。黒のストッキングで魅力アピール。ブーツはくるぶし丈で靴用のカイロは忘れずに^^

まとめ

夜桜が見られる場所は、井の頭公園や代々木公園、上野公園でも舗装されていないところがけっこうあります。足元には桜の根っこが飛び出ていたりするので、ヒールだと歩きにくいかもしれません。できればペッたん底か、いっそのことスニーカーでもいいかもしれません。上を見ながら歩くこともあるので、いずれにしても歩きやすい靴を選んだほうが無難です。

夜桜での防寒対策は、着ぶくれにならないようにと服と肌の間に暖かい空気を溜めることを意識した防寒対策をしましょう。使い捨てカイロなどは本当に寒いときにはあまり役に立たないものです。体の中心から温めるようにすれば自然に手足の冷えは取れていきます。逆に手足から温めると却って体温が下がることがありますので、防寒対策は体幹から外へ向かって対策をするようにしましょう。

スポンサーリンク

 - お花見, 夜桜デート, 季節のイベント